Webデザイナーになる為に必要な情報を一挙公開!


↑↑↑
Webデザイナー業界人気No1スクール!無料資料請求受付中

Webデザイナーの平均年収

平均年収:365〜720万円

就業者数:13,000人

関連スキル:【Photoshop、Illstrator、Dreamweaver】等

※Webデザイナーという呼び方以外に、
「ホームページデザイナー」とも呼ばれます。

Webデザイナーってどんなお仕事?

Webデザイナーは、インターネットのWebサイト(ホームページ)を作る専門家です。

お客さん(クライアント)のためにWebサイトをデザインし、構築します。

近年、仕事内容も多様化し、会社によってはDTPデザインを兼用している企業も多々見受けられます。

技術力とセンスが鍵になるお仕事!

Webデザイナーは、顧客や発注者の要望やイメージを聞きながら、下絵やイラスト素材を描いたり、レイアウトを決めたり、パーツを組み立てていかなければなりません。

制作の道具となるのは「イラストレーター」「フォトショップ」といった画像専用のパソコンソフトです。

こうしたソフトを使いこなす技術さえあれば、転職やフリーへの転身にも非常に有利です!

資格はいらないけど、専門知識が必須!

Webデザイナーになるには、特に資格は必要ありません。

しかし、魅力的なデザインのための文字や色の使い方、画像やアイコンの配置など、さまざまな知識が必要になります。

また、企業等のホームページをどれだけ作ったか等の実績が重視されます。

スクールでの実践的な総合教育を受けた人が有利な職業であると言えます。

【失敗しないWebデザイナースクールの選び方】メニュー